新型コロナウイルス感染対策と社会的対応

当院では4つの観点から
感染対策を徹底しています

医療者の対応
飛沫・空気感染対策
接触感染対策
ソーシャル・ディスタンシング

当院の取り組み

医療者の対応
  • スタッフ全員の検温を行う
  • 発熱などの症状のあるスタッフは医院に立ち入らない
  • マスク・ゴム手袋・フェースガードまたは防塵グラスを着用する
  • 診療所への入室時に手洗いとアルコールでの手指消毒を行う
  • 患者さんごとにアルコールでの手指消毒を行う
飛沫・空気感染対策
  • 患者さんの来院時に薬液でのうがい、手洗いをしていただく
  • 歯を削るときにはなるべく低速(5倍速)の切削エンジンを使う
  • 歯石の除去に超音波の装置はなるべく使わず、手でスケーリングを行う
  • 診療時にバキューム(唾液・血液等吸引装置)、口腔外バキューム(粉塵等吸 引装置)を使用する
  • 定期的に換気をする
接触感染対策
  • 診療室の什器をアルコールで定期的に消毒・清拭する
  • ドアノブや手すりなどをアルコールで清拭する
  • 治療ユニットパネルや診療台を患者さんごとにアルコールで清拭する
  • 治療器具は患者さんごとに交換して消毒滅菌する
  • 患者さんの歯型採取に使用したトレーは次亜塩素酸で消毒する
  • ゴム手袋はディスポーザブル(使い捨て)にする
  • 患者さん用のエプロン、コップはディスポーザブル(使い捨て)にする
  • 書籍・雑誌やパンフレットなどを撤去する
ソーシャル・ディスタンシング(時間や間隔を空ける)
  • 予約診療を徹底する
  • いつもより予約と予約の間隔を長くする
  • 待合室のイスの間隔を広くする
  • 治療ユニットの間隔を空けて座っていただく
  • お子さまの治療の際の保護者の同席はご遠慮いただく