サリバテスト

だ液検査

だ液検査を行うことで見えてくるもの

  • むし歯の原因やリスク(危険性)がわかる
  • むし歯のリスクを知ることにより、論理的なむし歯予防が出来る
  • むし歯の原因がはっきりわかるので、論理的な治療計画を立てられる
  • 患者さんご自身のむし歯予防に対する意識が高まり、歯の健康維持につながる

検査の流れ

10秒間、軽く洗口する

測定には、洗口吐出液を用います。検査キット付属の洗口用水(3ml)を口に含み、口腔内全体にいき渡るように10秒間洗口するだけで試料の採取が完了します。

試験紙と専用機器で測定する

洗口吐出液を試験紙に点着して専用機器にセット。測定がスタートします。
測定時間はわずか5分程度。治療中に結果をフィードバックできるスピード検査です。

測定結果を患者さんと共有する

測定結果はパソコンに転送され、結果シートを作成していきます。
歯の健康、歯茎の健康、口腔清潔度に関する項目をチャートで表示し、その場で患者さんと共有していきます。

むし歯菌
むし歯菌が多いと、歯の表面に歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯の健康を損なうことが知られています。
酸性度
酸性度が高いと、口腔環境は酸性になり、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。
緩衝能
だ液には、むし歯菌や食物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、その働きが弱いと、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。
白血球
歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加することが知られています。
タンパク質
口腔内細菌や、歯と歯ぐきの間にあるバイオフィルム(プラーク)の影響により、唾液中のタンパク質が多くなることが知られています。
アンモニア
口腔内の細菌総数が多いと、唾液中のアンモニアが多くなることが知られており、口臭等の原因になるといわれています。

「LION Pro. Oral Healthcare オンライン」HPより引用

サリバマルチテストの結果を見ながら行うと、患者さんの意識が高いので積極的な姿勢でお話を聞いてくださいます。
最近はテレビや雑誌などでも歯周病と全身疾患についての関係について頻繁に取り上げられるようになりましたが、歯周病はお口だけの病気ではないのです。歯周病が進行すると、糖尿病や心臓病、脳卒中などのリスクも高くなります。

逆に歯周病の治療をしっかりと行うことで、疾患の改善につながるとも言われています。
歯周病になると歯茎に歯周病菌が入り込み、毛細血管を通って、全身に歯周病菌や炎症物質が広がり全身を巡ります。
歯周菌が糖尿病や心筋梗塞や脳梗塞などに関連するとも言われ初めており、口腔内常在菌の全身疾患との関連性も話題になりました。
症状が無く、痛み無く、気づかれる事なく、静かに進行するのが「歯周病」の恐ろしい特徴です。
早期発見の為に定期的な健診と必要な検査は、ご自身の健康維持のために行ってください。