インプラント

入れ歯とは違う第2のご自身の歯、インプラントをおすすめします

従来の治療法

インプラント

この形のブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。

インプラント

奥歯を固定するために、金属の支えを使用する例。違和感があり、掃除も難しく、見映えも良くありません。

インプラントによる治療法

インプラント

周りの歯を傷つけずに、自然な見栄えで噛み心地も自然歯に近い状態になります。

インプラント

インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えにして人工の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。

CTとCPシミュレーションによる安全で確実なインプラント治療

当院では、CTで撮影した口腔内の画像からコンピュータの画面上で手術のシミュレーションをし、インプラントの埋入が正確に行われるように誘導するノーベルガイドシステムを採用しています。

治療の流れ

  1. CTで撮影した画像から3D画像を起こし、それをもとにコンピュータ上で手術のシミュレーションを行います。最終的な歯の3D形態と骨の画像を同時に考慮してインプラントの埋入位置を決定します。
  2. 患者さんのお口の中の情報(骨の厚みや硬さなど)を技工所に送信し、インプラントを正確に入れるためのガイド(マウスピースのような物・外科用シーネ)と仮歯または最終的な被せ物を製作します。
  3. 手術当日、ガイドを歯肉に装着・固定し、そのガイドに沿ってインプラントを埋入します。
  4. 埋入したインプラントに最終補綴物を装着して、治療は完了です。
シンプラント

メリット

  • 安全で正確にインプラントを埋入できる。
  • 手術時間を短くできる。
  • 手術の当日に新しい歯を手に入れられる。
  • ガイドに沿って小さな穴をあけて埋入するため、ほとんど歯肉を切らない。

切開しない、身体に優しいインプラント

その日のうちに食事ができるノーベルガイド

ノーベルガイドとは、コンピューター上での綿密なシミュレーションに基づき、歯肉を切開しないで手術を行うため、患者さんの負担を可能な限り軽減し、費用と時間の節約が出来る術式です。インプラントの埋入と同時に仮歯を装着出来ますので、その日のうちにお口の中に歯が入ります。

STEP1

ラジオグラフィックガイド(CTを撮るためのマウスピース)製作のため、型取りをします。ラジオグラフィックガイドは約1週間で出来上がります。

STEP2

ラジオグラフィックガイドを持って、CTを撮影して頂きます。撮影したCTを基に、コンピューターでの測定、設計を行います。

STEP3

設計した資料をスウェーデンまで送り、約2週間でサージカルテンプレート(手術の際に必要なインプラント埋入をガイドする器具)が出来上がってきます。1度お口の中で確認したら、手術となります。

サージカルテンプレートとは

サージカルテンプレートとはまず口腔模型に人口歯列の複製を並べます。インプラントの位置や埋入方向を、患者さんの骨の質やかみ合わせなど個別の状態に合わせながら決めていく器具です。これを実際の歯肉にあてるので正確で安全にインプラントを行なうことができます。

STEP4

手術時、サージカルテンプレートを装着してインプラントを埋入します。歯肉を切開しないため、より安全に、スムーズにOPEを行えます(左図)その後サージカルテンプレートを外して仮歯を付けます(右図)

STEP5

4ヶ月後、仮歯を外して最終的な歯を装着し、完成です。

長所

  • 切開しない術式のため、OPE後の腫れや痛みが格段に抑えられます。
  • その日のうちに仮歯を入れることが出来ます。
  • あらかじめシミュレーションを行うことで、補綴物(完成時に装着する歯)を美しく仕上げることが出来ます。
  • 従来の術式に比べてインプラントの本数が少なくてすむため、比較的安価で治療を行うことが出来ます。

短所

歯槽膿漏により骨の溶けた難症例や、抜歯直後の埋入は出来ないことがあります。


※すべてのイラストは、株式会社ノーベルバイオケアジャパンの許可を得て掲載しています。