10月8日は『入れ歯デー』

こんにちは!古賀です 🙂 

みなさん、10月8日は、何の日かご存知ですか?

今は、毎日、何かと記念日が作られていますね!私も調べてみたのですが、

10月8日だけでも、

「足袋の日」や「木の日」「骨と関節の日」「ブリザーブドフラワーの日」など、9つもあるんですね~!

歯科では、この日は、『入れ歯デー』となっています。

「い(1)(0)(8)」というゴロ合わせですね!

全国保険団体連合会が1992年に制定したものです。

入れ歯とは、自分の歯を失ってしまった部分を補う役割を果たす、可撤式の義歯のことです。

奥歯でしっかり食べ物が噛めるということは、身体的な面でも、精神的な面でも健康でいられるという事が言えます。

入れ歯においては、天然歯と違い、使っていくうちに多少なりとも、擦り減ったり、金具が疲労してきてしまいます。

いつでも左右バランスよく噛めるようにするには、歯科医院での定期的な入れ歯のメンテナンスをおすすめします。

入れ歯がゆるくて合わなかったり、金属が折れてしまった、入れ歯がかけてしまった、などと、目で見て分かる不具合以外にも、かみ合わせを調べてもらったら、知らずしらずのうちに入れ歯が擦り減っている、ということもしばしばあります。

入れ歯においても、当院では対応しておりますので、いつでもご相談ください!

また、失った歯を補う方法は入れ歯以外にも、取り外さなくてよい『ブリッジ』や、『インプラント』があります。

審美性や噛む感覚、清掃性の良さなど、何を重視されるかによって、治療方法も変わってきます。

患者さんのご希望に沿って、一番良い治療方法を提案させていただきます。

まずは相談だけしたい、ということでも、対応させていただきます 😆